腎臓の機能の低下|命を紡ぐマル秘テクニック|心臓ドックを受けて健康な体を保つ
医療器具

命を紡ぐマル秘テクニック|心臓ドックを受けて健康な体を保つ

腎臓の機能の低下

女性

尿毒症の危険

慢性や急性の腎不全や糖尿病性腎症が悪化してしまって、腎臓の働きが正常でなくなってくると、体から本来排出されるべきの毒素や、排せつ物が血液の中にたまってきてしまいます。このような状態を尿毒症と呼んでいて、命を失うことにもなってしまいます。このような場合は人工透析を行って血液の中にたまっている、老廃物や毒素を取り除いていかなければなりません。世田谷区でも尿毒症で人工透析を行っている人もいます。施設が整った病院で体の中にたまった老廃物を一回に4〜5時間かけて、人工腎臓で体の外に排出して、血液をきれいにしたのちに体内に戻していきます。腎臓の働きにホルモンを作る働きがありますが、人工透析ではこれはできませんのでホルモンを注射して補っていきます。世田谷区では人工透析を行っている病院も数多くあります。

合併症を起こさないように

日本の人工透析の技術は、世界最高のレベルになっていますので週に2〜3回、1回4〜5時間の透析を受けて、医師の指示通りに食事療法を行っていれば腎臓の機能がなくなってしまっても、尿毒症を発症せずに社会生活を送ることが可能になっています。実績がある病院で透析を行っていれば、世界最高の治療を受けていることになります。世田谷区でも実績がある病院がたくさんあって、多くの世田谷区の人が透析に訪れている病院があります。きちんと透析を受けていても、水分の摂取や食生活が医師の指示通りでないと心不全などの、合併症を引き起こしてしまいます。医師から指示があった塩分や水分の摂取を心がけることで重大な合併症から自分を守ることができます。