子宮頸部に発生する|命を紡ぐマル秘テクニック|心臓ドックを受けて健康な体を保つ
医療器具

命を紡ぐマル秘テクニック|心臓ドックを受けて健康な体を保つ

子宮頸部に発生する

病棟

子宮頸部の粘膜から発生する癌を「子宮頸がん」と言います。子宮頸がんは、粘膜から発生したのち、徐々に子宮の筋肉にまで進行していきます。癌細胞はさらに進行すると、膣やリンパ節まで転移することもあります。リンパ節に癌が転移してしまうと、肺や肝臓といった臓器にまで転移は拡大してしまいます。子宮頸がんは40代から50代の発症がピークとされています。子宮頸がんが発症する要因は「ヒトパピローマウィルス」の感染が深く関わっているとされています。このウィルスは性行為により感染する為、初めて性行為を行った年齢が低い人や、多くの男性と性行為を行っている人ほど、子宮頸がんは発症しやすいとされています。ただし、このウィルスに感染した人全てが子宮頸がんを発症するわけではありません。癌の発症にはウィルスの感染に併せてて、生まれ持っての体質・免疫力などの影響が大きいと考えられています。

子宮頸がんは発症初期の段階では、自覚症状が殆ど現れないのが特徴です。癌が進行し現れる代表的な症状が「不正性器出血」と呼ばれる生理以外での性器からの出血です。さらに癌が進行すると、下腹部の痛みや腰痛、血尿、血便といった症状が現れます。これらの症状が現れたら、早期に婦人科で検査を行って下さい。子宮頸がんの治療は手術療法、放射線療法、抗がん剤による化学療法が基本となります。治療法は患者の年齢、癌の大きさや進行程度などを考慮し選択され、併用することもあります。特に放射線療法が選択された場合は、化学療法を併用するケースが殆どです。肺や肝臓といった臓器にまで転移がある場合には、基本的に化学療法のみで治療を行います。